スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2011年5月06日(金)


精神保健福祉関係


精神保健福祉関係


●根室圏域障害者総合相談支援センター
 障害のある人が地域で安心して生活できるよう、年齢、障害種別等を超えて総合的な支援を行うとともに、市町における地域生活支援体制の構築に向けて必要な支援を行います。
 詳しくは、根室振興局保健環境部保健福祉室社会福祉課ホームページをご覧ください。

社会復帰関係サービス


 精神保健職親事業
    
 回復途上にある精神障害者に対し、仕事への持久力及び環境適応能力等社会的自立を促進するため 、一定期間事業所(職親)に通わせ社会復帰を図ります。


療養支援


家庭訪問指導

 精神障害者及び家族が疾病の知識をもち効果的な家庭療養を進めるため、各個人に支援を行います。     


心の健康づくり


心の健康相談

 精神障害者の早期治療、再発防止等のため精神科嘱託医、保健師等による面接相談を行っています。
 予約が必要です


医療費や福祉制度のサービス


(1) 自立支援医療(精神通院)


  平成18年4月より、精神通院医療公費負担制度は、自立支援医療(精神通院)になりました。世帯の所得に応じて自己負担の月額上限額は異なりますが、申請して支給認定されると、医療費が原則1割負担になります。

    手続きについては、通院している医療機関、お住まいの市介護福祉課または保健所にお問い合わせください。


(2) 精神障害者保健福祉手帳

   精神の障がいのため、長期にわたり日常生活または社会生活に制約のある方が申請することによって、手帳が交付されます。障がいの程度によって、1級から3級までの等級があり、有効期限は2年間です。手帳の取得によって、税金の控除等の福祉サービスを受けることができます。

     手続きについては、通院している医療機関、お住まいの市介護福祉課または保健所にお問い合わせください。