スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 中標津地域保健室 >  「ソウシハギ」にご注意ください


最終更新日:2012年11月09日(金)


「ソウシハギ」にご注意ください


生活衛生課 からのおしらせ

有毒魚「ソウシハギ」を食べないでください!

この魚は、本来は神奈川県以南の暖かい海に生息していますが、今般、道内(胆振地方)で漁獲

されたとの報告がありました。

また、全国各地でも、今まで漁獲されなかった海域で見つかっているという情報があります。

この魚は、内臓に「パリトキシン」という猛毒を持っていることがあり、これを食べた家畜が死亡

した例があります。

釣り上げたり、捕まえたりしても 絶対に 食用にしないでください。

 

また、同様の有毒魚として「アオブダイ」や「ハコフグ」があります。

見慣れない魚を漁獲・捕獲した場合は、取扱いに充分注意し、よく確認してください。

 

ソウシハギ

ソウシハギ(フグ目カワハギ科)

体長は20~50センチ。体色は黄色で、体全体に黒い斑紋と青い波状線があり、

うちわのような大きな尾びれがあります。

「パリトキシン」という強力な毒を内臓(消化管、肝臓)に含んでいることがあり、

食べた場合「筋肉痛・呼吸困難・けいれん」の症状を呈し、重篤な場合は死亡する

可能性があります。

 

こちらも参考にしてください。

厚生労働省のホームページアドレス

http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/animal_det_03.html