スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 根室農業改良普及センター >  根室農業改良普及センター技術情報 牛をきれいに飼うカウトレーナーの活用


最終更新日:2012年4月05日(木)

牛をきれいに飼う仕組み
~ カウトレーナーの活用 ~
                          
(2007年11月)

 □ 牛をきれいに飼おう
「牛をきれいに飼う」ことは、生産性、作業性に大きな効果があります。
 いつも、人間がついていて管理することはできないので、牛を清潔に保てる「仕組み」を整えることが重要です。

 

□ カウトレーナーの設置位置

 図1 骨格図 カウトレーナーの設置位置
図1 骨格図~カウトレーナー設置位置

 き甲部と最後のあばら骨の付け根の間、後ろから1/3くらいの所に設置します。
 排尿時に持ち上がった牛の背中に触れ、ショックを与えて牛を一歩後退させます。
 牛床の長さと牛の大きさにより、設置位置は多少異なります。
 牛の排泄姿勢を観察して、設置位置を微調整することが大切です。

カウトレーナーの設置位置 
図2 カウトレーナー設置位置

 □ カウトレーナーの効果
 カウトレーナーを設置することで、排泄位置をコントロールして、牛床を清潔に保ちます。
 牛床の半分近くを汚していた農場でも、カウトレーナーを設置したことにより、ほとんど牛床を汚さなくなりました(図3)。
 
 カウトレーナー設置前  矢印  カウトレーナー設置後

 設置前

 

設置後 

 図3 牛体の清潔度の変化

 表1 牛体の汚れの低下

 一牛床毎の牛床面積
での汚れの面積割合
  カウトレーナー
 設置前 設置後 

 最大(%)

 60

 30

 最小(%)

 10

 0

 平均(%)

 41

 4

  根室農業改良普及センターのTOPページへ     技術情報(乳質・衛生対策)の目次へ