スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 根室農業改良普及センター >  根室農業改良普及センター技術情報 サイレージ用とうもろこしの生育状況


最終更新日:2012年8月03日(金)

サイレージ用とうもろこしの生育状況
(北根室支所)

 

 平成24年の気象は平年より低温で推移しています。7月23日現在のサイレージ用とうもろこしの生育状況は以下の通りで、冷害年だった平成21年ほどではないものの平年を下回っています。
 今後、天候が好転すれば生育は回復しますが、気温が低温傾向で推移した場合は収穫量が平年(路地 4,554kg/10a)を大きく下回ることも予測されます。粗飼料の確保量不足が懸念されるとともに、今後の好転が期待されるところです。
 

 路地

 マルチ

 露地栽培

 マルチ栽培

サイレージ用とうもろこしの生育状況(北根室支所 7/23現在) 
(H24は実測値、平年・H21は作況値から推定)

    

 H23年7月14日撮影

 H24年7月25日撮影

 H23

H24

 H23・24年の路地のとうもろこし。H23年は7月中旬には畦がふさがってきていました。 

根室農業改良普及センター ホーム > 技術情報(粗飼料生産)の目次へ