スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 根室農業改良普及センター >  120202冬期酪農セミナー開催  根室農業改良普及センター


最終更新日:2018年9月19日(水)

管内酪農セミナー多くの参加者が活発な議論

 酪農技術で懸念されている繁殖の講演が、2月2日に別海町マルチメデイア館で154名の参加者を集めて行われました。

 北海道農業研究センターの坂口実氏は過去からの研究成績を中心に「繁殖向上を求めて」と題して、
1.初産月齢を早める
2.分娩後の繁殖機能回復

3.繁殖の指標と発情発見

4.分娩間隔と経済性

5.繁殖の過去・現在・未来

の5項目に分けて講演されました。

 講師の坂口実氏は繁殖向上を目指してと題して講演

講師の坂口実氏は「繁殖向上を求めて」と題して講演

画像熱心に聞き入る参加者

熱心に聞き入る参加者

 質疑応答では、なぜ、牛は雌同士で乗りあうのか、高産次牛の子牛は将来繁殖に影響するのか、発情行動の激しい牛は受胎率が良いのか、ホルモン処置プログラムをどう思うか・・・・・など、農業者から質問がだされ活発な議論がなされました。
 

また、ここ数年被害乳牛の暑熱対策を施設面から考えてもらおうと、当センターの角川貴俊普及員から事例を通して説明されました。

なお、普及センターでは暑熱をテーマにした営農改善資料を3月に発刊する予定で、是非参考にして頂きたいと思います。

 暑熱対策について解説する角川普及指導員

施設面からの暑熱対策を説明する       角川普及指導員


根室農業改良普及センター ホーム > 地域の話題