スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 根室農業改良普及センター >  120727指導農業士会研修会 根室農業改良普及センター


最終更新日:2012年8月07日(火)

指導農業士会現地研修会で情報交換

  7月27日に、管内指導農業士会は現地研修会を開催し、指導農業士・農業士、関係者、別海高校専攻科学生、合計50名が参加しました。研修会では別海町中西別の、臼井朱美氏、林武雄氏の両指導農業士を現地研修しました。

臼井指導農業士の放牧と施設利用を視察

 

臼井指導農業士は、放牧中心の「ゆとりと美しい環境の酪農経営」について、H16年に新築した繋ぎ牛舎と、放牧地の管理について話されました。経営のポイントは、
・1日の作業スケジュールを通年変えない
・作業を効率的にするための工夫
・家族全員で役割分担しながら環境整備
の3つで、参加者から放牧地の施肥についての質問などがありました。

 

臼井指導農業士の放牧と施設利用を視察

 林指導農業士は、フリーストール方式による「安全でおいしい牛乳を生産する酪農経営」について話されました。H5年からフリーストール方式を導入して、個体乳量や繁殖成績など高い技術力が定着しています。現地では、ほ育から搾乳牛舎までの管理と、環境整備について説明を受けました。

現地指導研修会参加者で記念写真(林指導農業士牧場にて)

 現地研修会参加者で記念写真
(林指導農業士牧場にて)

 経営のポイントは、
 ・積極的に新技術を導入(チャレンジ精神)
 ・高いステータスの酪農実践(環境整備)
 ・バランスのとれた技術体系(過重労働回避)
の3つで、規模拡大の優先順序など、参加した指導農業士から助言がありました。 

 現地研修後は、参加者で焼き肉を食べながら情報交換会をしました。今年度より学生も参加して、指導農業士や関係者と地域を支える担い手の人材育成を応援しました。
 今後も、地域農業の牽引役として指導農業士の活動に、期待しています。

   
 根室農業改良普及センター ホーム > 地域の話題