スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 根室農業改良普及センター >  121019草地植生改善フェスティバルで盛り上がる 根室農業改良普及センター


最終更新日:2018年6月20日(水)

草地植生改善フェスティバルで盛り上がる

 平成24年10月19日に別海町コミュニティーセンターにてJA道東あさひ主催による「植生改善フェスティバル」が開催されました。根室管内および管外から生産者、資材メーカー、関係機関・団体などおよそ200名の方々が参加しました。

 3名の講師による植生改善の話題提供と各資材メーカーからの展示・情報提供コーナー、パネルディスカッション、作業技術情報・実演会が行われました。

パネラーの小出調整係長

 パネルディスカッションでは「雑草との戦い」をテーマに「雑草種子の侵入防止」「雑草を増やさない」「生えている雑草対策について」生産者の福本氏、井出氏の実践の話を交えながらおこなわれました。

 当センターからは小出調整係長がパネラーとして「地下茎型イネ科雑草の草地への侵入・増加」について話しました。

パネラーの小出調整係長

 また展示・情報提供コーナーでは当センターの市川係長が「土壌の物理性改善について」の説明を行いました。
 カルチプラウによる土壌の物理性改善について写真と実際の作業機を見ながら説明しました。

画像情報提供コーナーで説明する市川係長

情報提供コーナーで説明する市川係長 

実演会での説明風景

 午後の実演会でも多数の参加者が作業機の施工を熱心に見学していました。
 今後根室管内の植生改善が進み、生乳生産が活発になることを期待しています。

実演会での説明風景

   
 根室農業改良普及センター ホーム > 地域の話題