スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 根室農業改良普及センター >  121107第3回プラス*ワン講座  根室農業改良普及センター


最終更新日:2018年11月22日(木)

第3回 プラス*ワン講座で再確認

 女性向け酪農研修会(農村ゼミナール)プラス*ワン講座の第3回目を11月7日に開催しました。この講座は「酪農に携わる女性が、酪農に関する知識や技術を習得する」ことを目的に全5回の講座を開催しています。3回目の今回の講座には19名の出席がありました。

画像講師の市川係長
講師の市川係長 

 前半は「牛に優しい乳搾り」というテーマで、当普及センター市川係長を講師に、研修を行いました。
 ・自然な乳の出をうながす
 ・乳の流れをさまたげない
 ・痛くない搾乳
 ・乳房炎に感染させない
  の4つの視点から、「牛に優しい乳搾り」とはどんなものか講義をしました。
 受講生からは、「再確認してみようと思いました」と感想を頂きました。

 後半は「家族経営協定について」、榎田専普が説明をした後、4~5名のグループに分かれ、意見交換会を行いました。
 就業時間や休日、農作業の打ち合わせ、労働報酬、生活費の負担方法、農作業分担と責任、生活に関することなど、家族経営協定は農家のルール作りであり、働きやすく暮らしやすくするためのツールのひとつですとの説明に、受講生の皆さんは頷きながら聞いてくれました。

画像家族経営協定について説明する榎田専普
家族経営協定について説明する榎田専普

画像家族のルール作りについて意見交換
家族のルール作りについて意見交換

  意見交換では、「牛舎に出始めたのは」、「今の自分の仕事は」、「就農(結婚)するときに家族で話し合ったことは」など、受講生それぞれの経験や思いを話し合ってもらいました。
 同じ酪農という職業をしている受講生同士ですが、家々でやはり考え方や働き方は違い、全体的にとても参考になった、と活発な意見交換になりました。

 

 根室農業改良普及センター ホーム > 地域の話題