スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 根室農業改良普及センター >  121130根室管内乳牛の肢蹄調査結果と改善方策


最終更新日:2018年6月20日(水)

”根室管内乳牛の肢蹄調査結果と改善方策”研修行う

 根室管内酪農関係団体・JA営農生産部課長・担当者合同研修会が11月30日開催され40名の出席の中、普及センターから”根室管内乳牛の肢蹄調査結果と改善方策”について説明を行いました。
 

研修の様子

 肢蹄の良し悪しが乳牛に与えている影響について根室生産連と共に管内26戸、約1,700頭を調査分析した結果、乳量の低下、MUNの上昇、空胎日数の延びがみられる事が判り、計画的な生産を達成するための改善点について説明を行いました。

研修の様子

 出席者は肢蹄のチェックポイントや乳牛の行動、飼料の掃き寄せタイミングなど具体的な改善手法について熱心に研修を受け、日頃の営農指導に役立てていきたいとの意見も寄せられました。

画像熱心に話を聞く参加者

熱心に話を聞く参加者 

   
 根室農業改良普及センター ホーム > 地域の話題