スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 根室農業改良普及センター >  1306251番草の収穫作業始まる


最終更新日:2018年3月27日(火)

1番草の収穫作業始まる

 根室管内でも牧草の収穫が始まりました。例年よりも積雪量が多く、雪解けが遅くなった影響が心配されていましたが、生育は順調に推移しています。

 

収量は平年並み~やや多い

  5月の低温で一時生育が遅れたものの、その後天候は好転し、生育が回復しました。

 牧草の出穂期(穂が出てくる時期)は平年とほぼ変わりませんが、水分率がやや高い傾向です。

 ハーベスタによる牧草細切作業状況

 天気予報では1週間連続で降水確率が低かったことから、6月23日頃より本格的に収穫作業が始まりました。

 6月20日より収穫作業を始めた中標津町の(株)とうほろDairyCenterでは、「例年よりも収量があるような気がするが、水分が3~4%ほど高い」とのこと。今後も順調に作業が進むことを期待します。

原料草をサイロに詰め込むようす
 

 4台のタイヤショベルによる原料草の踏圧作業状況

   

根室農業改良普及センター ホーム > 地域の話題