スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  H29第1回環境情報協議会


最終更新日:2017年11月28日(火)


H29第1回環境情報協議会


農業農村整備事業等環境情報協議会

平成29年度 第1回根室振興局農業農村整備事業等環境情報協議会

● 開催日 平成29年9月28日(木) 午前9時00分から午後16時40分
● 場所 現地調査(中標津町・別海町)
意見交換等(別海町役場「201号会議室」)
● 出 席 委 員  
  ○環境の専門家   宗岡 寿美   外山 雅大
  ○地域住民の代表  高山 今朝男  成田 暁美
  ○農  業  関  係    早坂 操
● 参加者   根室振興局、根室市、別海町、中標津町、標津町、JA道東あさひ、JA標津


1.現地調査(※当日は、時間の都合上、位置図番号1、4、8、10のみ現地調査)
 地区位置図1[pdf]  地区位置図2[pdf] ※希少生物保護のため概ねの範囲で表示しています。

    1) 草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 根室西部区(根室市)・・・・・・・・・・・・位置図番号_1
    2) 草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 別海上風連地区(別海町)・・・・・・・・位置図番号_2
    3) 草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 茶志骨地区(標津町)・・・・・・・・・・・・位置図番号_3
    4) 農地整備事業(畑地帯担い手支援(単独営農用水))西竹地区(中標津町)・・・・・・・・位置図番号_4
    5) 通作条件整備(一般農道整備[一般型]) 北栄地区(別海町)・・・・・・・・・・・・・・・・・・位置図番号_5
    6) 農地耕作条件改善事業) 協和第1地区(別海町)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・位置図番号_6
    7) 農地耕作条件改善事業) 恩根内地区(別海町)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・位置図番号_7
    8) 農地耕作条件改善事業) 上西別地区(別海町)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・位置図番号_8
    9) 草地畜産基盤整備事業(畜産担い手総合整備事業) 豊原美原地区(別海町)・・・・位置図番号_9
    10)草地畜産基盤整備事業(畜産担い手総合整備事業) 中標津中部地区(中標津町)位置図番号_10
    11)草地畜産基盤整備事業(畜産担い手総合整備事業) 望洋北標津地区(標津町・羅臼町)・・・・・・・・ 

                                                         位置図番号_11

現調上西別現調西竹
     ~ 現地調査状況(西竹地区にて) ~                ~ 現地調査状況(上西別地区にて) ~ 

                       
2.意見交換と情報収集
 根室市田園環境整備マスタープラン[pdf]  別海町田園環境整備マスタープラン[pdf]
 中標津町田園環境整備マスタープラン[pdf]  標津町田園環境整備マスタープラン[pdf] 
1) 計画策定地区の説明
  01.草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 根室西部地区・・・根室西部地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~34年度
     主要工事:草地整備改良 A=850.9ha、草地造成改良 A=3.7ha
     当該地区における環境配慮の考え方等
  02.草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 別海上風連地区・・・別海上風連地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~34年度
     主要工事:草地整備改良 A=1,267.3ha、草地造成改良 A=4.6ha
     当該地区における環境配慮の考え方等
  03.草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 茶志骨地区・・・茶志骨地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~34年度
     主要工事:草地整備改良 A=426.3ha、草地造成改良 A=0.2ha
     当該地区における環境配慮の考え方等
  04.農地整備事業(畑地帯担い手支援(単独営農用水)) 西竹地区・・・西竹地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~38年度
     主要工事:取水施設  L=3,042m
     当該地区における環境配慮の考え方等
  05.通作条件整備(一般農道整備[一般型]) 北栄地区・・・北栄地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~34年度
     主要工事:道路工(改良・アスファルト舗装) L=2,569m
     当該地区における環境配慮の考え方等
  06.農地耕作条件改善事業 協和第1地区・・・協和第1地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~32年度
     主要工事:道路工(改良・アスファルト舗装) L=510m
     当該地区における環境配慮の考え方等
  07.農地耕作条件改善事業 恩根内地区・・・恩根内地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~32年度
     主要工事:道路工(改良・アスファルト舗装) L=1,090m
     当該地区における環境配慮の考え方等
  08.農地耕作条件改善事業 上西別地区・・・上西別地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~32年度
     主要工事:道路工(改良・アスファルト舗装) L=540m
     当該地区における環境配慮の考え方等
  09.草地畜産基盤整備事業(畜産担い手総合整備事業) 豊原美原地区・・・豊原美原地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~33年度
     主要工事:草地整備改良 A=809.0ha、草地造成改良 A=3.2ha、家畜保護施設 3棟
     当該地区における環境配慮の考え方等
  10.草地畜産基盤整備事業(畜産担い手総合整備事業) 中標津中部地区・・・中標津中部地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~33年度
     主要工事:草地整備改良 A=505.0ha、草地造成改良 A=2.7ha、家畜保護施設 1棟
     当該地区における環境配慮の考え方等
  11.草地畜産基盤整備事業(畜産担い手総合整備事業) 望洋北標津地区・・・望洋北標津地区概要[pdf]
     予定工期:平成30~33年度
     主要工事:草地整備改良 A=506.9ha、草地造成改良 A=2.9ha、家畜保護施設 2棟、
     飼料調整貯蔵施設 1棟
     当該地区における環境配慮の考え方等
  

意見交換会1意見交換会2
         
                   ~ 意見交換及び情報収集(別海町役場にて) ~    

     
2) 委員からの主な意見等
  [01草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 根室西部地区]
  [02草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 別海上風連地区]
  [03草地畜産基盤整備事業(道営草地整備事業) 茶志骨地区] 
   ・造成により林帯を伐採する場合、同等面積の代替地を確保し、将来的に植樹をすることとして
    いるが、実際どのような場所にどのような植樹をしたかを振興局、関係機関が情報交換し、

    事例を積み上げていっていただきたい。
   ・単独の小さな林帯であっても、大きな林帯との繋がりが、樹上生活をしているような希少動物
    にとっては、影響を及ぼす場合があるため、林帯の規模だけで、安易に伐採を計画するのでは
    なく、周辺一体の林帯状況を認識した上で、地域の専門家との情報交換を密に行うなどして、
    配慮願いたい。
   ・代替案については、他の部署や森林に関わる機関に情報発信も検討願いたい。
   ・根室管内の取り交わし事項における河川保護流域巾について、河道巾により決められている
    が急傾斜の場合は、土砂流入・地下水等の影響を受けやすいため、距離の取り方も含め、更
    なる配慮を願いたい。
   ・過去に設置した暗渠排水も含めて、落ち口のメンテナンスついても受益者に指導願いたい。
  
  [04農地整備事業(畑地帯担い手支援(単独営農用水))西竹地区]
   ・地域的にシマフクロウの生息域でもあるため、時期的な配慮等には十分留意していただきたい。
   ・水質・水量の面については、事業の前・後によっても変わらないため、特に問題はないため、
   現在計画されている環境への配慮事項により事業遂行を願いたい。

  [05通作条件整備(一般農道整備[一般型]) 北栄地区]
   ・近年の酪農業における、機械の大型化や交通量の増大による利便性・機械の損傷低減、

    牧草搬出・集乳車搬出における効率化の面からも非常に事業の効果は大きい。
   ・現在計画されている環境への配慮事項により事業遂行を願う。

  [06農地耕作条件改善事業 協和第1地区]
  [07農地耕作条件改善事業 恩根内地区]
  [08農地耕作条件改善事業 上西別地区]
   ・タンチョウの飛来が考慮される地域であるため、工事時期については、営巣時期は勿論ではあるが、

    ヒナの行動範囲が広くなるまでの時期も考慮した上、工期の設定を願う。
   ・環境省との意見交換を行うなどして工事を行っていただきたい。
   ・現在計画されている環境への配慮事項により事業遂行を願う。

  [09草地畜産基盤 整備事業(畜産担い手総合整備型)豊原美原地区]
  [10草地畜産基盤 整備事業(畜産担い手総合整備型)中標津中部地区]
  [11草地畜産基盤 整備事業(畜産担い手総合整備型)望洋北標津地区]
   ・造成草地について、排水性・地盤・地形等の問題などから、整備しても利便性が上がらず、

    数年後に利用価値がなくなる等のことがないよう、事前確認、事前調査等を行うなどを

    配慮願いたい。
   ・現在計画されている環境への配慮事項により事業遂行を願う。

3.全体を通しての意見
 1)昨年の環境情報協議会の開催結果における耕地防風林の取り扱いについての対応措置、経過措
   置については、明確で前向きな対応となっていた。
  ・草地造成箇所の林帯に関して、伐採に対する代替地を確保し、必要に応じて、そこに植林をす
   ることは、今後も引き続き進めていただきたい。
                          【参照】H28環境情報協議会における主な意見[pdf]
                          【参照】開催結果における対応経過報告[pdf]                       

 2)上記対応に補足し、今後検討対応を願う案件。
  ・河川保護流域巾(河畔林)の考え方について、河畔の水平距離の巾の確保と傾斜を考慮した距
   離の確保について、配慮願いたい。
  ・代替地の扱いについて、どのような場所にどのように植樹をするかまで等の配置や樹種、維持
   管理の面についても配慮願い、振興局、関係機関が情報共有して来年度以降の協議会にて、具
   体的な事例等を報告願いたい。
  ・伐採する林帯は、個々の林帯形状の他、周辺一体の林帯状況を認識した上で、樹上生活する希
   少動物に十分配慮出来る様、地域の専門家との情報交換を密に行うなどして、配慮願いたい。
   
 ◯協議会における意見を参考とし、今後、各団体や市町とも連携を図り、来年度(H30)の計画樹立地区も

   引き続き、可能なものから取り組んでいく予定。

4.平成29年度 第1回根室振興局農業農村整備事業等環境情報協議会議事録[pdf]