スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  赤レンガチャレンジ事業(ゼロ予算事業)


最終更新日:2017年1月26日(木)


赤レンガチャレンジ事業(ゼロ予算事業)


根釧台地の格子状防風林

目次

トップページ

森林を育てる
造林事業
森林組合

森林をつかう
林産関係

森林をまもる
治山事業
 工事発注情報
保安林制度
林地開発許可
林野火災予消防

アカウンタビリティ
赤レンガチャレンジ事業
各係の業務 

林務課トップページ>赤レンガチャレンジ事業

赤レンガ・チャレンジ事業

▼「赤レンガ・チャレンジ事業」とは

 道を取り巻く行財政環境が厳しさを増す中、道庁では、通常の予算事業だけでなく、既に道庁が持っているもの、例えば、人材や施設などの「資産」、あるいは情報発信やネットワークといった「機能」を、職員の知恵と工夫でうまく活用し、特別な予算を使わずに、様々な行政課題の解決や道民の皆様へのサービス向上を図ろうとする取り組みを行っています。

 道庁では、このような取り組み、いわゆるゼロ予算事業を「赤レンガ・チャレンジ事業」とネーミングして、推進しています。
 (※「赤レンガ・チャレンジ事業」の詳細 → 総合政策部総務課

 このページでは、林務課が取り組んでいる「赤レンガ・チャレンジ事業」を紹介します。


▼森とのふれあい創造事業

 地域住民の緑化意識の向上を図るため、職員の知識と経験を活かし、緑化活動への支援と根室を代表するチシマザクラの里づくりを行うほか、地材地消を促進するため、地域住民に木や木材等とふれあう機会を提供しています。

緑化活動への支援
 ・植樹行事等での植樹や保育指導
 ・森林体験授業等での講師

 

チシマザクラの里づくり
 ・タネの採取及び苗木づくり
 ・地域へのタネ及び苗木の配付 

 

木や木材等とふれあう機会の提供
 ・振興局道民ホールでの木製エコカレンダーの設置

 ・振興局道民ホールでの間伐材等を活用したクリスマスツリーの設置
   →今年度の取り組み 
      

 ・振興局前庭の遊歩道へのチップ敷設

 ・希望する幼稚園、保育園等への間伐材等を活用したクリスマスツリー の配付
 

 〇New!平成28年11月14日に正美公園(治山の森)を活用 
      した森林学習を行いました。
 

                                                            ※林務課で行っている「赤レンガ・チャレンジ事業」平成21年度 まで は、
  ○木材に親しむ空間整備
  ○「ニムオロ」(樹木の茂っている場所)創造事業
  ○さくらの里づくりの推進
 の3つの事業を実施していましたが、
  平成22年度 から は、これらを一本化 して、
 『森とのふれあい創造事業』 として実施しています。

 (平成21年度以前の取組についてはこちら