スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  紅葉が色づく「ねむろ地域」で路線バスの旅に出ました!


最終更新日:2019年3月11日(月)


紅葉が色づく「ねむろ地域」で路線バスの旅に出ました!


体験レポート集TOP



=紅葉が色づく「ねむろ地域」で路線バスの旅に出ました!=
(根室~中標津~知床羅臼編) 2014.10.25~26

 >>「ねむろ地域広域MAP」へのリンク

 マップ

画像JR根室駅

1.根室市中心街から南西方向にあるJR根室駅

画像根室市観光インフォメーションセンター兼バスターミナル

2.その右隣に観光案内所兼バスターミナルがあります。

根室市観光インフォメーションセンターの内装

3.開店前ですが、内部の様子です。

画像バスのりば

「納沙布岬」をはじめ、各方面へのバスが発着しています。

 観光スポット「納沙布岬」へのリンク

画像バス1

5.6:49の根室交通中標津空港線の中標津空港行きバスに乗車します。

画像バスの車窓1

6.根室市街を西へ走行。先ほどまで快晴であったのが、この時期としては珍しく、突如霧が出てきました。バスの車窓から風蓮湖等を撮影しようと思っていたのですが・・・

画像風蓮湖

7.2週間前に国道44号線から撮影した「風蓮湖」の様子です。

 観光スポット「風蓮湖」へのリンク

画像温根沼

8.同じく、1週間前に撮影した国道44号線の「温根沼」大橋の様子です。

 観光スポット「温根沼」へのリンク

画像バスの車窓2

9.霧の中、国道44号線を西へ走行し続けます。

画像JR厚床駅

10.根室市の西端にあるJR厚床駅に到着。札幌、釧路方面からJRでお越しの場合は、ここからお乗り換えです。

画像バスの車窓3

11.一昔前は厚床から中標津方面へJR標津線が走っていましたが、平成元年に廃止。現在、代替の根室交通中標津線のバスが運行されています。

画像別海町のバスターミナル

12別海町のバスターミナルに7:57到着。かつての別海駅の跡地にあります。ここで途中下車します。バス運賃は1,570円です。 

画像別海町ふれあいキャンプ場

13.別海市街を散策します。別海市街の西端にある「別海町ふれあいキャンプ場」です。日が昇り、霧もすっかり晴れました。

 アウトドア・スポーツ「別海町ふれあいキャンプ場」へのリンク

画像温泉宿泊施設

14.キャンプ場の南側の高台には、温泉宿泊施設があります。また、この付近には町の各種スポーツ施設も集まっています。

 宿泊・温泉「べっかい郊楽苑」へのリンク

画像別海町ふるさとの森動物館

15.キャンプ場の西側には「別海町ふるさとの森動物館」があります。無料で十数種類の動物を観察することが出来ます。

 観光スポット「別海町ふるさとの森動物館」へのリンク

画像ニホンザル

16.ニホンザルもいます。

画像別海神社

17.別海市街の北西にある別海神社です。

画像別海町郷土資料館

18.同じく別海市街の北西にある「別海町郷土資料館」です。

 歴史・文化・史跡「別海町郷土資料館・加賀屋文書館」へのリンク

画像別海町郷土資料館の中 
19.館内の様子です。

画像加賀屋文書館

20.その隣には「加賀家文書館」があります。江戸時代末期に野付半島などで活躍した加賀家の古文書史料が保存されています。

画像加賀屋文書館の中

21.館内の様子です。

画像バス2 
22.9:43の中標津空港線の根室行きバスに乗車します。バスの待ち時間の都合上、少し逆戻りをします。

画像バスの車窓4 
23.国道243号線を南へ走行。さきほどの霧が出ていた状況と全く異なった景観です。

画像伊藤牧場前バス停 
24.根室市厚床付近にある伊藤牧場前バス停10:10到着。バス運賃は590円です。今月から新設されたバス停です。中標津空港線のバスのみの停車となっています。

画像伊藤牧場外装

25「明郷伊藤☆牧場」です。牧場レストランがある他、牧場体験やフットパスを楽しむことが出来ます。

 体験型観光「明郷伊藤牧場」へのリンク
 体験型観光「フットパス」へのリンク

画像伊藤牧場内装

26.お腹がすいたので、ランチをとることにしました。

 グルメ「酪農喫茶Grassy Hill」へのリンク

画像ロコモコハンバーグ 
27.ここの牧場の牛肉を使ったロコモコハンバーグ。スープ付きで980円です。

画像レストランからの景色 
28.レストランからを眺めた様子です。

画像山羊

29.外には山羊が放牧されています。

画像羊 
30.もいます。

画像馬 
31もいます。

画像子ブタ

32子ブタもいます。牧歌的な風景です。

画像バス停

33.11:25の中標津空港線の中標津空港行きバスに乗車します。

画像バスの車窓5

34.再び国道243号線を北へ走行します。

画像バスの車窓6

35.さきほど途中下車した別海市街を更に越えて、道道8号線を北へ走行します。

画像中標津町バスターミナル

36中標津町のバスターミナルに12:21到着。羅臼方面へはここで乗り換えですが、終点の空港まで乗車することにします。

画像バスの車窓7

37.中標津市街の北側に中標津空港」があります。

 観光スポット「中標津空港」へのリンク

画像中標津空港外装

38中標津空港12:30到着。バス運賃は1,270円です。なお、根室から途中下車無しで乗車すると1,880円です。

 

画像中標津空港内装

39.空港ビルの内部の様子です。日本で唯一の木造建築の空港ビルです。

画像中標津空港展望デッキからの風景

40.展望デッキから見た空港北側の様子です。知床連峰が見えます。

画像飛行機

41.札幌新千歳便が着陸してきました。現在、同空港には、札幌新千歳便が3便、東京羽田便が1便就航しています。早割等を活用すれば格安の利用も可能です。

 ANA全日空のHPへのリンク
   ANA道東中標津エリアへのHPへのリンク

画像道立ゆめの森公園1

42.空港の南側には、すぐ「道立ゆめの森公園」のパークゴルフ場が広がっております。

 観光スポット「道立ゆめの森公園」へのリンク

画像道立ゆめの森公園2

43.公園内を散策しながら、中標津市街まで歩くことにしました。なお、空港からバスターミナルまでは「北根室ランチウェイ」のコースの一部となっております。

 体験型観光「北根室ランチウェイ」へのリンク

画像道立ゆめの森公園3

44.巨大なアリーナがある公園のメインスポットに到着。

画像道立ゆめの森公園4

45.公園内には小川も流れています。

画像自然散策路

46.自然散策路を歩いて、隣にある「中標津町緑ヶ丘森林公園」を目指します。

 観光スポット「中標津町緑ヶ丘森林公園」へのリンク 

画像中標津町緑が丘森林公園1

47.森林公園内のキャンプ場に到着。

 

画像中標津町緑が丘森林公園2

48.木道と水車が見えます。

画像野鳥観察センター

49.森林公園内にある「野鳥観察センター」に到着。

 観光スポット「野鳥観察センター」へのリンク

画像中標津町郷土館緑が丘分館外装

50.同じく森林公園内にある「中標津町郷土館緑ヶ丘分館」に到着。

 歴史・文化・史跡「中標津町郷土館緑ヶ丘分館」へのリンク

画像中標津町郷土館緑が丘分館内装

51.館内の様子です。

画像中標津市街

52.森林公園の歩道から眼下に中標津市街が見えてきました。

画像丸山公園

53.中標津市街の北端にある「丸山公園」に到着。

 観光スポット「丸山公園」へのリンク

画像中標津町郷土館

54.公園内にある「中標津町郷土館」です。

 歴史・文化・史跡「中標津町郷土館(本館)」へのリンク 

画像中標津町郷土館内装

55.館内の様子です。

 

画像中標津町バスターミナル2

56.中標津町のバスターミナルまで徒歩で戻ってきました。以前の中標津駅の跡地にバスターミナルがあります。バスの乗り場は9番線もあります。 

画像バス3

57.14:19発の阿寒バス標津標茶線の標津行バスに乗車します。廃止されたJR標津線の代替バスとなっています。 

画像バスの車窓8

58.国道272号線を東へ走行します。

 

画像バスの車窓9

59.その後、道道774号線へ迂回し、旧JR標津線に沿って、引き続き東へ走行します。 

画像旧川北駅

60.標津町の川北市街に到着。旧川北駅の面影が残っています。 

画像バスの車窓10

61.標津市街はもうすぐです。

 

画像標津サーモンパーク前バス停

62.標津市街の西端にあるサーモンパーク入口のバス停14:50到着。ここで途中下車します。 

画像標津サーモン科学館外装

63「標津サーモン科学館」です。

 観光スポット「標津サーモン科学館」へのリンク 

画像標津川

64.まず、科学館の裏を流れる標津川を覗きます。 

画像サケの遡上

65.大量のサケが遡上している様子を見ることが出来ます。

 

画像自転車

66.時間の都合上、ここで科学館を見学するのではなく、自転車を借りて標津市街を散策します。レンタル料500円です。 

画像北方領土館

67.標津市街の中心にある「北方領土館」です。

 歴史・文化・史跡「北方領土館」へのリンク 

画像ポー川史跡自然公園

68.標津市街の北端にある「ポー川史跡自然公園」です。

 観光スポット「ポー川史跡自然公園」へのリンク 

画像標津町歴史民族資料館

69.公園内にある「標津町歴史民族資料館」の内部の様子です。

 歴史・文化・史跡「標津町歴史民族資料館」へのリンク
 

画像開拓の村

70.公園内にある開拓の村です。

 

画像標津湿原

71.公園内にある「標津湿原」です。黄金色の湿原の先に沈む夕陽が見えて、とてもきれいです。

 歴史・文化・史跡「標津湿原」へのリンク 

画像標津町温泉宿

72.すっかり日も暮れて、今宵は標津市街にある温泉宿に泊まることにしました。

 

画像しべつ海の公園

73.翌日、標津市街の中心にある「しべつ海の公園」を散策します。今日もいい天気です。

 観光スポット「しべつ海の公園」へのリンク
 

画像標津サーモン科学館外装2

74.次にいよいよ「標津サーモン科学館」の内部を見学します。

 

画像標津サーモン科学館内装1

75.幻の魚イトウや沿岸で獲れる魚を展示する大水槽です。

 

画像標津サーモン科学館内装2

76.サケの魚道が館内にあり、遡上するサケの様子を観察出来る魚道水槽です。

 

画像チョウザメ

77.チョウザメの指パクコーナーです。これ以外にも様々な水槽を観察することが出来ます。

 

画像標津サーモン科学館展望室

78.地上30mの展望室から見る標津川です。右手の根室海峡からサケが遡上します。

 

画像標津サーモン科学館販売店

79.サーモン科学館の隣には、海産物の販売店や、サケに特化した郷土料理レストランがあるサーモンハウスがあります。

 グルメ「サーモンハウス サーモン亭」へのリンク 

画像標津町バスターミナル

80.サーモンパークを後にし、標津町のバスターミナルに到着。

 

画像バス4

81.10:10発の阿寒バス釧路羅臼線の羅臼行きバスに乗車します。 

画像バスの車窓11

82.根室海峡を右手に国道335号を北へ走行します。遠くに知床連峰が見えます。

 

画像忠類川

83.忠類川の橋を渡ります。この他にも多くの渓流を渡って知床羅臼まで走行します。

 アウトドア・スポーツ「忠類川サーモンフィッシング」へのリンク

画像北海道の紅葉1

84.今年の北海道の紅葉は、十年に一度の美しさと言われています。

 

画像北海道の紅葉2

85.紅葉の黄金のトンネルの中をずっと走行しているようです。

画像北海道の紅葉3

86.左手には紅葉、右手には根室海峡、前には知床連峰が広が
っております。

 

画像羅臼町バスターミナル

87.羅臼町のバスターミナル11:10到着。バス運賃は1,900円です。ここから羅臼市街を散策します。 

画像バス時刻表

88.なお、羅臼から「知床峠」を越えて、知床半島の反対側のウトロへ向かうバスもありますが、10月中旬以降は冬期運休となります。

 観光スポット「知床峠」へのリンク

画像羅臼神社

89.羅臼市街の西にある羅臼神
です。
 

画像しおかぜ公園

90.羅臼市街の北にある「しおかぜ公園」です。羅臼漁港を一望できます。

 観光スポット「しおかぜ公園」へのリンク 

画像羅臼漁港

91.羅臼漁港です。ホエールウオッチング等を楽しむ「観光船」の多くは、ここから発着しています。

 「体験型観光(観光船・クルージング)」へのリンク
 「海洋生物図鑑」へのリンク 

画像羅臼岳

92.羅臼市街の中心を流れる羅臼川の橋から撮影した知床連峰最高峰の「羅臼岳」です。


 
歴史・文化・史跡「世界自然遺産 知床」へのリンク 

画像純の番屋

93.羅臼市街の南にある「純の番屋」です。ドラマ「北の国から」で黒板純が住んだ番屋を市街地に再現したもので、現在は食堂になっています。

 グルメ「純の番屋」へのリンク 

画像道の駅知床・らうす外観

94.羅臼市街の中心にある「道の駅知床・らうす」です。

 観光スポット「道の駅知床・らうす」へのリンク 

画像道の駅知床・らうす内装

95.中には羅臼漁協直営の海産物販売店もあります。観光のピーク時には多くの観光客の方で賑わいます。

 

画像根室海峡

96.道の駅の屋上から眺めた根室海峡の様子です。国後島も眺めることが出来ます。
 

画像根室海峡2

97.羅臼には、他にも「羅臼国後展望塔「羅臼ビジターセンター」「クジラの見える丘公園」等の見所がたくさんあります。

 観光スポット「羅臼国後展望塔」へのリンク
 観光スポット「羅臼ビジターセンター」へのリンク
 観光スポット「クジラの見える
丘公園」へのリンク
 

画像知床食堂

98.しかしながら、お腹がすいたので、道の駅の2階の食堂でランチをとることにしました。

 グルメ「知床食堂」へのリンク 

画像前浜定食

99.旬の刺身と魚の煮付けがついた前浜定食。1,800円です。

 

画像バス5

100.バスの時間に限りがあります。釧路行きのバスは、平日は1日4本ありますが、土日は2本しかありません。13:10発の釧路羅臼線の中標津方面、釧路行きバスに乗車します。

 

画像根室海峡3

101.根室海峡及び国後島を左手に眺めながら帰路につきます。以上で路線バスの旅は終了です。

 

根室から知床羅臼まで 

 
バス乗車時間4時間11分
  

(最短経路だと中標津


乗り換えで3時間7分)

 

運転免許をお持ちで


無い
方も、お持ちの方も

  
「ねむろ地域」へ

     
どうぞお越し下さい!
 

 

ひがし北海道公共交通マップ(釧路総合振興局)へのリンク 

根室交通(株)へのリンク

 
 
阿寒バス(株)へのリンク
 


【関連サイト】 

>>従姉妹編   「JR花咲線(釧路~根室間)北海道最東端の大自然を走る 鉄道の車窓 を撮影しました!」へのリンク 
花咲線14 花咲線21 花咲線23 花咲線26 花咲線30
 
>>従姉妹編   「北海道最東端のシーサイドラインを ドライブ しました!(釧路~根室~納沙布岬編)」へのリンク 
シーサイドライン8 シーサイド10 シーサイド18 シーサイド23 シーサイド29
>>従姉妹編   「北海道最東端の広大な根釧台地を ドライブ しました!(根室~開陽台~摩周湖編)」へのリンク 
根釧1 根釧13 根釧15 根釧23 根釧25
>>従姉妹編   「北海道最東端のシーサイドラインを ドライブ しました!(根室~野付半島~知床羅臼編)」へのリンク
シーサイド3-4  シーサイド3-27 シーサイド3-35 シーサイド3-46
 
>>従姉妹編     「紅葉が色づく「ねむろ地域」で 観光スポットを撮影 して回りました!」へのリンク 
シーサイド3-8 シーサイド3-23 シーサイド3-34 シーサイド3-44 シーサイド3-45
>>従姉妹編     「紅葉が色づく「ねむろ地域」で 日帰り温泉巡り を行いました!」へのリンク 
広々とした温泉 シーサイド3-20 露天風呂 シーサイド3-39 天然温泉露天風呂
 
>>姉妹編       「紅葉が色づく「ねむろ地域」で 路線バスの旅 に出ました!(別海~尾岱沼~養老牛温泉編)」へのリンク 
画像白鳥台 画像標津漁港の灯台 画像バスの車窓12 画像知床連峰 画像旅館藤やの露天風呂
>>姉妹編       「晩秋を迎える「ねむろ地域」で 路線バスの旅 に出ました!(根室~納沙布岬~花咲岬編)」へのリンク  
画像納沙布岬 画像納沙布岬2 画像太平洋 画像白鳥 画像花咲灯台
 
>>従姉妹編    「晩秋を迎える「ねむろ地域」で ご当地グルメの旅 に出ました!」へのリンク  
画像エスカロップ 画像根室さんまロール寿司 画像別海ジャンボホタテバーガー 画像サケのちゃんちゃん焼き 画像刺身定食
>>従姉妹編    「初冬を迎える「ねむろ地域」で ご当地グルメの旅 に出ました 2!」へのリンク  
画像スタミナライス 画像ジャンボホタテジンギスカン 画像せせらぎ御膳 画像ホッケ定食 画像ジャンボホッキカツ丼
>>従姉妹編    「真冬を迎える「ねむろ地域」で ご当地グルメの旅 に出ました 3!」へのリンク    
画像オリエンタルライス 画像しべつ鮭三代漬け丼 野付半島ホッキカツカレー 画像らうすハモ丼 画像寿司
 
>>従姉妹編     「流氷を迎える「ねむろ地域」で ドライブ及び知床の流氷観光船に乗船 しました!」へのリンク    
画像国後島 画像観光船 画像羅臼岳 画像オオワシ 画像夕日
>>従姉妹編    「流氷を迎える「ねむろ地域」で 納沙布岬までドライブ しました!」へのリンク 
画像根室市中心街 画像トーサムポロ沼 画像納沙布岬1 画像納沙布岬2 画像貝殻島
 
>>従姉妹編    「旅客機で上空から 広大な「ねむろ地域」 を撮影しました!」へのリンク 
画像レインボーブリッジ・東京タワー 画像摩周湖 画像中標津町酪農地帯 画像飛行機 画像格子状防風林
>>従姉妹編    「旅客機で上空から 広大な「ねむろ地域」 を撮影しました2!」へのリンク
画像お台場など 画像襟裳岬 画像格子状防風林 画像格子状防風林2 画像中標津空港風景 
 
 
>>従姉妹編  「日本で一番遅く桜が開花するねむろ地域で桜を撮影して回りました!」へのリンク
画像根室市のチシマザクラ 画像根室市街の清隆寺とチシマザクラ 画像丸山公園内にある蒸気機関車と桜の木 画像中標津町郷土館内にある桜の木 画像道立ゆめの森公園の桜の木