スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  紅葉が色づく「ねむろ地域」で路線バスの旅に出ました2!


最終更新日:2017年2月13日(月)


紅葉が色づく「ねむろ地域」で路線バスの旅に出ました2!


体験レポート集TOP



=紅葉が色づく「ねむろ地域」で路線バスの旅に出ました!=
(別海~尾岱沼~養老牛温泉編) 2014.10.30

 >>「ねむろ地域広域MAP」へのリンク

 マップ

シーサイド3-1

1.根室市と中標津町の間にある酪農王国の別海町。その別海町で朝日を迎えます。

シーサイド3-1

2.早朝の別海町のバスターミナルです。

シーサイド3-1

3.6:25発の別海町地域生活バス尾岱沼線のバスに乗車します。(この便は日曜・祝日は運休します。なお、この日は平日でしたが、私は休暇日でした。)

シーサイド3-1

4.道道364号線を東へ走行します。

シーサイド3-1

5.生乳生産量日本一の別海町らしい酪農風景が広がります。

シーサイド3-1

6.海が見えてきました!根室海峡です。

シーサイド3-1

7.根室海峡を右手に、今度は国道244号線を北へ走行します。

シーサイド3-1

8.根室海峡から昇る朝日がとてもまぶしいです。

シーサイド3-1

9.快適なシーサイドラインを北へ走行し続けます。

シーサイド3-1

10.前方に「野付半島」が見えてきました

 観光スポット「野付半島」へのリンク

シーサイド3-1

11.ほどなくバスは「白鳥台」の横を通過します。

 観光スポット「白鳥台」へのリンク

シーサイド3-1

12.何羽かオオハクチョウもいましたが、シャッターチャンスを逃してしまいました。奥に見えるのは「野付半島」です。

 ねむろバードランド「オオハクチョウ」へのリンク

シーサイド3-1

13「白鳥台」のすぐ隣にある「道の駅おだいとう」を通過します。

 観光スポット「道の駅おだいとう」へのリンク

シーサイド3-1

14別海町の北東端にある尾岱
沼市街に7:23到着
。ここが終点です。バス運賃は810円です。

シーサイド3-1

15.尾岱沼の漁港を散策します。

シーサイド3-1

16.漁船が出漁していくのが見えます。

シーサイド3-1

17.漁港からは「野付半島」への「観光船」も発着しています。

 体験型観光「別海町観光船」へのリンク

シーサイド3-1

18.漁港から見える「野付湾とその先に見える「野付半島」です。両者ともラムサール条約に登録をされています。さらにその先には知床連峰北側の方の山々がすでに雪化粧をしているのが見えます。

シーサイド3-1 
19.「野付湾」打瀬舟による北海シマエビ漁が行われているのが見えます。夏と秋の2回のわずかな期間のみ漁が行われます。

 観光スポット「野付湾」へのリンク

野付湾の様子

20.上の写真は当サイトの観光スポットコーナーに掲載されているものです。「野付湾」の代表的な風景となっており、北海道遺産にも指定されています。

 観光スポット「尾岱沼」へのリンク

シーサイド3-1

21.8:00発の阿寒バス尾岱沼線の標津行きバスに乗車します。(この便は平日のみの運行です。)

シーサイド3-1 
22.国道244号線を更に北へ走行します。前方に知床連峰が見えます。

 

シーサイド3-1 
23.標津町のバスターミナルに8:20到着。バス運賃は680円です。標津市街を散策することにします。

シーサイド3-1 
24.標津市街の中心にある標津神社です。

シーサイド3-1

25.同じく標津市街の中心にある「しべつ海の公園」から北の方角を眺めた様子です。標津漁港の灯台と雪化粧した知床連峰の北側の山々が見えます。

 観光スポット「しべつ海の公園」へのリンク

シーサイド3-1

26.同じ場所から東の方角を眺めた様子です。北方領土の国後島が見えます。ここから国後島までは24KMしか離れていません。

シーサイド3-1 
27.別海市街の西端にある標津サーモンパークです。メインの「標津サーモン科学館」はまだ開館前ですが、その他にも色々見所があります。

 観光スポット「標津サーモン科学館」へのリンク

シーサイド3-1 
28.科学館の前には、幻の魚のイトウやチョウザメの水槽があります。

シーサイド3-1

29.大変大きなチョウザメです。

シーサイド3-1 
30.あっという間に時間が過ぎ、9:28発の阿寒バス標津標茶線の標茶行きバスに乗車します。

シーサイド3-1 
31.道道774号線を西へ走行し知床連峰の南側の山々の方へ向かいます。

シーサイド3-1

32.しばらくして、南西方向へ進路を変えます。

シーサイド3-1

33.今度は知床連峰を右手に、中標津町の市街地へ向かいます。

シーサイド3-1

34.中標津町の中心街に入ってきました。同町はこの地域の商業の中心地です。しかし、大型店の多くは中心街よりも郊外に立地しています。

シーサイド3-1

35.中標津町のバスターミナルに到着。このまま乗車を続けます。

シーサイド3-1

36.引き続き、知床連峰を右手に、南西方向へ走行し続けます。

シーサイド3-1

37.時折、防風林による紅葉のトンネルの中を走行していきます。

シーサイド3-1

38酪農地帯を更に南西へ走行し続けます。

 

シーサイド3-1

39.北海道最東端の広大な根釧大地を大陸横断しているような感覚です。

シーサイド3-1

40.別海町の西端の国道243号線沿いにある西春別市街のバス停に10:45到着。ここで途中下車をします。バス運賃は1,510円です。ここは、平成元年に廃止された旧JR標津線の西春別駅があったところです。

シーサイド3-1

41.バス停の隣には「鉄道記念公園」があります。旧標津線の鉄道の功績を残すために造られた公園です。

 歴史・文化・史跡「鉄道記念公園」へのリンク

シーサイド3-1

42.記念館の館内の様子です。

シーサイド3-1

43.記念館の隣には蒸気機関車等の車両の数々が・・・・と思っていたら、既に冬支度に入っていました。

シーサイド3-18

44.上の写真は、以前撮影した時の様子です。

シーサイド3-1

45.廃止になった鉄路がそのまま残されており、感慨深く感じます。

シーサイド3-1

46.西春別には温泉もあります。市街の東端の国道243号線沿いにある「ペンションクローバーハウス」さんの温泉に日帰り入浴することにしました。

 温泉・宿泊「ペンションクローバーハウス」へのリンク

シーサイド3-1

47.私以外に誰も入浴していません。ぬるめの源泉かけ流しの温泉に、いつまでも浸かっていたい気分でした。なお、洗い場の蛇口からも源泉かけ流しの温泉が出てきて驚きでした。 

シーサイド3-1

48.お腹がすいたので、隣接するレストランでランチをとることにしました。

 グルメ「レストランクローバーハウス」へのリンク

シーサイド3-1

49.別海町ご当地グルメの別海ジャンボホッキステーキ丼を注文。アイスコーヒー付きで税抜き980円です。なお、別海町はご当地グルメを数々開発し、食観光日本一を目指しています。

 「別海町観光協会HP」へのリンク

シーサイド3-1

50.13:33発の阿寒バス標津標茶線の標津行きバスに乗車。少し中標津方面へ逆戻りをします。

シーサイド3-1

51.バスは北東方向へ走行します。

シーサイド3-1

52.今度は左手に知床連峰が見えます。

シーサイド3-1

53.中標津町の西南端にある計根別市街のバス停に13:51到着。バス運賃は490円です。

シーサイド3-1

54.計根別市街の北側を散策します。

シーサイド3-1

55.市街北側にある「正美公園」です。酪農振興の功労者が造った公園です。

 観光スポット「正美公園」へのリンク

シーサイド3-1

56.公園内にある森林生態学習
です。この公園は森林とのふれあいをメインとしています。
 
 

シーサイド3-1

57.公園内にあるです。 

シーサイド3-1

58.15:15発の中標津町有バス養老牛線の養老牛温泉方面行きのバスに乗車します。(この便は平日のみの運行です。) 

シーサイド3-1

59.根釧台地を北へ走行します。 

シーサイド3-1

60.広大な酪農風景が広がっています。 

シーサイド3-1

61.知床連峰の南端の山々が近づいてきます。

 

シーサイド3-1

62.目の前に牛文字が目印のモアン山が見えてきました。ここを右折します。 

シーサイド3-1

63.知床連峰の山々を今度は左手に、東へ走行します。紅葉に夕陽があたり、周囲は黄金色の幻想的な風景に包まれています。

シーサイド3-1

64.次に左折し、再び酪農地帯を北へ走行します。このバス路線は、平日1日3便のみの貴重な路線ですが、隠れた絶景バス路線だと感じました!

シーサイド3-1

65.ほどなく、「養老牛温泉」15:40到着。ここで途中下車をします。バス運賃は360円です。山間の奥深い自然に抱かれ、仙境とも言われている温泉です。

 観光スポット「養老牛温泉」へのリンク

シーサイド3-1

66.今回は「旅館藤や」さんの温泉に日帰り入浴をすることにしました。

 温泉・宿泊「旅館藤や」へのリンク 

シーサイド3-1

67.まずは内部のロビーの様子です。

シーサイド3-1

68.お風呂には、私以外に誰も入浴していません。隣を流れる標津川のせせらぎの音を聞きながら、ゆっくり露天風呂に浸かることが出来ました。

シーサイド3-1

69.すっかり日も暮れた「養老牛温泉」の様子です。

シーサイド3-1

70.17:02発の計根別行きバスに乗車します。(この便も平日のみの運行です。)

 

シーサイド3-1

71.途中、北光というところで、同じ町有バスの保楽線のバスに乗り継ぎ、中標津町のバスターミナルに17:56到着。バス運賃は乗り継ぎで410円です。

シーサイド3-1

72.中標津町のバスターミナルには、別海・根室方面へのバスの他、標茶・釧路方面、標津・羅臼方面等へのバスが発着しています。また、近くには中標津空港もあります。

シーサイド3-1

73.夕食を済ませ、19:45発の根室交通中標津線の別海方面JR厚床駅行きのバスに乗車し帰路につきます。以上で路線バスの旅は終了です。

 

別海から養老牛温泉まで 

 
バス乗車時間3時間18分
  

(最短経路(復路)だと


1時間35分)

 

運転免許をお持ちで


無い
方も、お持ちの方も

  
「ねむろ地域」へ

     
どうぞお越し下さい!
 

 
ひがし北海道公共交通マップ(釧路総合振興局)へのリンク 

別海町地域生活バスへのリンク

阿寒バス(株)へのリンク

中標津町有バスへのリンク
 

根室交通(株)へのリンク
    


【関連サイト】 

>>従姉妹編  「JR花咲線(釧路~根室間)北海道最東端の大自然を走る 鉄道の車窓 を撮影しました!」へのリンク 
花咲線14 花咲線21 花咲線23 花咲線26 花咲線30
 
>>従姉妹編  「北海道最東端のシーサイドラインを ドライブ しました!(釧路~根室~納沙布岬編)」へのリンク 
シーサイドライン8 シーサイド10 シーサイド18 シーサイド23 シーサイド29
>>従姉妹編  「北海道最東端の広大な根釧台地を ドライブ しました!(根室~開陽台~摩周湖編)」へのリンク
根釧1 根釧13 根釧15 根釧23 根釧25
>>従姉妹編  「北海道最東端のシーサイドラインを ドライブ しました!(根室~野付半島~知床羅臼編)」へのリンク
シーサイド3-4 シーサイド3-13 シーサイド3-27 シーサイド3-35 シーサイド3-46
 

>>従姉妹編     「紅葉が色づく「ねむろ地域」で 観光スポットを撮影 して回りました!」へのリンク 
シーサイド3-8 シーサイド3-23 シーサイド3-34 シーサイド3-44 シーサイド3-45

>>従姉妹編     「紅葉が色づく「ねむろ地域」で 日帰り温泉巡り を行いました!」へのリンク 
広々とした温泉 シーサイド3-20 露天風呂 シーサイド3-39 天然温泉露天風呂
 
>>姉妹編      「紅葉が色づく「ねむろ地域」で 路線バスの旅 に出ました!(根室~中標津~知床羅臼編)」へのリンク 
シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1
>>姉妹編      「晩秋を迎える「ねむろ地域」で 路線バスの旅 に出ました!(根室~納沙布岬~花咲岬編)」へのリンク 
シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1
 
>>従姉妹編    「晩秋を迎える「ねむろ地域」で ご当地グルメの旅 に出ました!」へのリンク  
シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1
>>従姉妹編    「初冬を迎える「ねむろ地域」で ご当地グルメの旅 に出ました 2!」へのリンク 
シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1
>>従姉妹編    「真冬を迎える「ねむろ地域」で ご当地グルメの旅 に出ました 3!」へのリンク    
シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1
 
>>従姉妹編    「流氷を迎える「ねむろ地域」で ドライブ及び知床の流氷観光船に乗船 しました!」へのリンク    
シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1
>>従姉妹編    「流氷を迎える「ねむろ地域」で 納沙布岬までドライブ しました!」へのリンク 
シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1 シーサイド3-1
 

>>従姉妹編    「旅客機で上空から 広大な「ねむろ地域」 を撮影しました!」へのリンク 
根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り

>>従姉妹編    「旅客機で上空から 広大な「ねむろ地域」 を撮影しました2!」へのリンク
根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り 
 
 
>>従姉妹編  「日本で一番遅く桜が開花するねむろ地域で桜を撮影して回りました!」へのリンク
根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り 根室盆踊り