スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  荒川版画美術館 (中標津町/体験型観光)


最終更新日:2019年3月14日(木)

ねむろ食と観光情報データベース トップページへ戻る
 
グルメ 特産品 観光スポット 体験型観光
宿泊・観光 イベント 歴史・文化・史跡 アウトドア・スポーツ
 
体験型観光
 
体験型観光 - 中標津町
中標津町 / ジャンル - その他 など

荒川版画美術館


 
美術館内部の様子 荒川版画美術館の外観  
美術館内部の様子 荒川版画美術館の外観  
 

古いサイロを再利用した外観が特徴的な荒川版画美術館は荒川のほとりに開設され、中標津ゆかりの木版画家である「松本五郎」氏、中標津町在住の「細見浩」氏、故「根本茂男」氏の版画作品が展示されている。地域が育んだ文化を次世代に伝えていくための美術館といえるだろう。

 

>> 体験レポート「なかしべつ再発見ツアー」へリンク 

 
  体験メニュー : 美術鑑賞
中標津ゆかりの版画家の作品が百数十点展示されている。
開催場所   荒川版画美術館
開催日時 10:00 - 17:00
開催期間 通年(冬季は要予約)
参加料金 無料
参加条件・持ち物など -
詳細情報
 
名称 荒川版画美術館
ジャンル その他
所在地・住所 標津郡中標津町字俣落2000-8
電話番号 0153-73-7151
営業期間 通年
営業時間 10:00 - 17:00
定休日 毎週木曜日
冬季(事前連絡があれば開館可能)
ホームページ

http://saeki-farm.sakura.ne.jp/arakawa/arakawa-index.html

広域地図
 
周辺地図
>> 広域地図を表示(GoogleMap)

 


 
このサイトについて | サイトマップ | ねむろ食と観光情報 トップページ