スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  旧奥行臼駅逓所 (別海町)


最終更新日:2019年3月18日(月)

 
 
 
歴史・文化・史跡 - 別海町 
別海町 / ジャンル - 北海道指定有形文化財

旧奥行臼駅逓所


 
                
 

                                             奥行臼駅逓跡                                              旧奥行臼駅

 
 

1994年に北海道指定有形文化財、2011年に国指定史跡に指定された旧奥行臼駅逓所は、明治末期から入植が行われた奥行臼地区の交通拠点として、明治43年10月に開設した。山崎藤次郎が当初馬3頭を配備し、宿屋と人馬継ぎ立てなど請け負ったといわれている。

当時の建築様式をそのままとどめ、本町に9ヶ所あった駅逓所の中で現存する唯一のもの。

 
 
名称 旧奥行臼駅逓所
ジャンル 国指定史跡
所在地・住所 野付郡別海町奥行15番地12
電話番号 0153-75-2111
開館時間 10:00 - 16:30
休館日・定休日 第1・3月曜日
冬季(11月1日 - 4月30日)
入場料金 無料
駐車場 有り 
ホームページ http://betsukai-kanko.jp/taiken/history/#ekitei

 

管理団体・お問合せ先
名称 別海町教育委員会 生涯学習課
所在地・住所 野付郡別海町別海常盤町280番地
電話番号 0153-75-2111(内線3712)

 


 

>> 広域地図を表示(GoogleMap)

体験レポート「第1回旧標津線フットパスツアー」へリンク 

 


 
このサイトについて | サイトマップ | ねむろ食と観光情報 トップページ