スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  北村家住宅主屋(旧土田旅館) (中標津町)


最終更新日:2019年3月18日(月)

 
 
 
歴史・文化・史跡 - 中標津町 
中標津町 / ジャンル - 登録有形文化財(建造物)

北村家住宅主屋(旧土田旅館)


 
改修後の外観 旧土田旅館当時の外観 内部のようす
 

武佐駅逓所の付随施設として、昭和2年に増築(当時は中央武佐)された建造物。

旧国鉄標津線上武佐駅開駅にあわせて昭和12年に現在地に移転し、昭和60年までに上武佐駅前の土田旅館として営業。

北海道駅逓制度としての歴史を伝える遺構であり、中標津町でも最古の建造物のひとつである。

※この建物は個人の所有ですので、一般公開は行っておりません。生活に支障をきたす場合がありますので相談無しでの訪問はご遠慮ください。

 

中標津町内の文化財についてはこちら
 
 
名称 北村家住宅主屋(旧土田旅館)
ジャンル 登録有形文化財(建造物)
所在地・住所 標津郡中標津町字武佐957-6
休館日・定休日 -
駐車場 有り 
ホームページ http://www.nakashibetsu.jp/kyoudokan_web/bunkazai.htm 

 

管理団体・お問合せ先
名称 中標津町体験観光連絡協議会
所在地・住所 標津郡中標津町丸山2丁目22番地
電話番号 0153-73-3111

 

>> 広域地図を表示(GoogleMap)

 

体験レポート「なかしべつ再発見ツアー」へリンク

 


 
このサイトについて | サイトマップ | ねむろ食と観光情報 トップページ