スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2021年1月26日(火)

自由訪問

 北方領土はロシアの不法占拠下にあり、私たち日本国民が、ロシアのビザを取得して北方領土へ渡航することは、北方領土がロシアの領土であることを認めることに繋がります。
 そのため、日本政府は、「我が国国民の北方領土入域問題について」(1989年閣議了解)により、国民に対して北方領土問題の解決まで、北方領土への訪問は行わないように要請しています。
 現在、北方領土への入域は、日露政府間で特例として認められた3つの枠組み(四島交流、北方墓参、自由訪問)に限られています。
 なかでも北方四島への自由訪問は、元島民とその家族が簡易な身分証明書や挿入紙等に基づき、旅券・査証なしで故郷である北方四島への訪問を行っているものです。
 この自由訪問は元島民の団体である公益社団法人千島歯舞諸島居住者連盟により、
平成11年から実施されています。
  令和元年度までに四島へ103回、延べ参加人数は5,231名に達しています。

【訪問の対象者】
 1.北方四島元居住者(子、孫を含む。)及びこれらの配偶者
 2.医師及び看護師

※自由訪問の詳細はこちら→クリックすると(公社)千島歯舞諸島居住者連盟のウェブサイトに移動します。

令和元年度実施状況

日程  島名及び訪問地名 団員数
第1回 5月17日~5月20日 択捉島(トマカラウス、グヤ、十五夜萌) 55
第2回 5月31日~6月3日 国後島(東沸、中ノ古丹) 39
第3回 6月21日~6月24日 国後島(植沖、植内、ラシコマンベツ) 49
第4回 7月12日~7月15日 色丹島(斜古丹・クリル人墓地、アナマ、稲茂尻、チボイ) 58
第5回 8月2日~8月5日 国後島(白糠泊、礼文磯、乳呑路) 57
第6回 8月30日~9月2日 勇留島(トコマ)、志発島(西浦泊) 61
第7回 9月20日~9月23日  国後島(古丹消、ハッチャス、泊) 48

※第1回は悪天候のため、いずれも上陸できず洋上慰霊となりました。
※第7回は古丹消及び泊(泊市街、ウエンナイ)については、外交当局間の調整がつかず、訪問できませんでした。

※四島交流等の様子がわかる「デジタル展示会」「北の隣人2019」もぜひご覧ください!