スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 北方領土対策課 >  道立北方四島交流センター(ニ・ホ・ロ)


最終更新日:2021年1月26日(火)

 道立北方四島交流センター(ニ・ホ・ロ)

道立北方四島交流センター

 北海道立北方四島交流センター(ニ・ホ・ロ)は、北方領土問題についての国内外の世論を一層盛り上げるとともに、北方四島(歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島)に居住するロシア連邦国民との交流の促進を図る拠点施設として2000年2月7日「北方領土の日」に開設されました。 愛称の「ニ・ホ・ロ」とは、日本(二)とロシア(ロ)をつなぐ北海道(ホ)の交流拠点を意味します。展望室からは国後島や知床半島を間近に望むことができ、展示室では北方領土の歴史や現状を映像などを通して学ぶことができる施設となっています。

   利用案内

 
  開館時間:午前9時~午後9時(展示部分:午前9時~午後5時)
  休館日:月曜日(5月~10月は無休
)、年末年始(12月31日~1月5日)
  入館料:無料  貸館使用料:各室・各時間帯により設定

  ※利用案内の詳細については、こちらをクリック<指定管理者:根室市ホームページ(外部リンク)> 

展示会の様子

 【北方領土に関する展示】

 1階ロビーでは、北方領土川柳や返還要求運動の写真など北方領土にちなんだ展示会を 随時開催しています。

ニホロの妖精

 【ニホロの妖精たちを探そう】

 来館される子供たち身近に北方領土問題を感じてもらうために職員が手作りした動物を館内に配置し、
それを探し当てる事業を行っています

ロシア民芸品マトリョーシカなどの顔はめ看板(写真)

 【ロシア民芸品マトリョーシカなどの顔はめ看板】

 民芸品であるマトリョーシカ等をモチーフにした顔はめ看板を配置してます。記念撮影にご活用ください。
キッズルーム  【「親子・キッズぬり絵コーナー」・「ちびっ子広場」】  

 北方領土に関するぬり絵や子どもたちが遊べる広場を常時開設しています。

返還パネル

 【四島返還の願いを込めたイルミネーションパネル】

 冬期間、クリスマス時期と合わせて北方領土問題の早期解決を願ったパネルを設置しています。ライトアップしていますので、夜間はイルミネーションがとても綺麗です。

道立北方四島交流センター(ニ・ホ・ロ)へのお問い合わせ

指定管理者:根室市

所在地:〒087-0037 北海道根室市穂香110-9

電話電話:0153-23-6711 FAXFAX:0153-23-6713

ニホロロゴマーク