喫煙

t10.jpg
 たばこの煙には約4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち約200種類が有害物質であり、
約40種類の発がん物質も含まれています。
 その中でも有害性が高いのがニコチン、タール、一酸化炭素です。
・ニコチン
たばこがやめられなくなる原因になります。
全身の血管を収縮させる作用があります。
 
・タール
がんの原因になる発がん物質のかたまりです。
肺を黒くさせ、その働きを低下させます。
 
・一酸化炭素
血液中のヘモグロビンと結びついて、血液の酸素運搬機能を妨げ、
息切れ、スタミナ不足を起こします。
 





 

t11.jpg
 たばこを吸わない人が、喫煙者の近くにいることでたばこの煙を吸わされることを、受動喫煙といいます。
 たばこの煙には、口の中に吸い込む「主流煙」と、火のついた部分から立ちのぼる「副流煙」があります。
 主流煙と副流煙の成分を比較してみると、副流煙の中には、主流煙よりも発がん物質が高濃度に含まれています。
 そのため、周囲にいる人の健康も脅かしているのです。





 

t12.jpgt13.gif
 赤ちゃんは胎盤を通じて母体から栄養や酸素をもらって成長します。
 しかし、喫煙していると、たばこに含まれるニコチンが子宮や胎盤の血管を収縮させ、
さらに一酸化炭素によって胎児が酸欠状態になり、成長が阻害されます。
 このため、低体重児の出産や早産、流産などの危険が高くなります。





 

t13.jpgt14.gif
 未成年者は新陳代謝が活発で、煙に含まれる有害物質が吸収されやすくなります。
 そのため、成人後に喫煙を開始した場合に比べて、がんや心臓病などの危険性がより高くなります。
 また、吸い始める年齢が若いほど、ニコチンへの依存度も高く(=やめられなく)なります。

カテゴリー

page top