令和3年秋のヒグマ注意特別期間について

キノコ採りやハイキングなどで野山に出かける機会が多くなる季節を迎えました。

北海道の野山はどこでもヒグマの生息域です。

人身被害に遭わないために一番大事なことはヒグマに出会わないことです。

野山に入る時は、事前に地元の市町村役場や警察などでヒグマの出没情報を確認し、注意看板が設置されている場所には入らないでください。

また、野山でヒグマを目撃したり、足跡や糞などを発見した場合は、速やかにその場を離れ、地元警察署や市町村役場まで連絡をお願いします。

道では、令和3年(2021年)9月4日(土)から10月31日(日)までの58日間を「令和3年秋のヒグマ注意特別期間」として、ヒグマに対する注意喚起をおこないます。

道民の皆様及び北海道で観光される皆様においては、以下のポスターを御覧いただき、人身被害の防止に御協力をお願いします。

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

page top