大規模小売店舗立地法について

■ 国及び都道府県で運用していた「大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律 (通称 「大店法」)」が廃止され、平成12年(2000年)6月1日から「大規模小売店舗立地法 (通称「大店立地法」)」が施行されました。

■ この法律は、店舗面積1千平方メートルの規模を超えて小売業を行う建物(大規模小売店舗) の設置者に対し、特に周辺の生活環境の保持のため、その施設の配置及び運営方法について合理的な範囲内で配慮を求めるものです。

■道は、届出の審査に当たっては公平性・合理性の確保が重要であるとの観点から、審議会条例を制定し、地域の実情に精通し、かつ各専門分野での学識経験を有する方々で構成される北海道大規模小売店舗立地審議会を設置して、法の運用に当たっています。

■ 大規模小売店舗を新設や変更しようとする場合は、都道府県知事又は政令指定都市の長に対し、事前の届出が必要となりますので出店計画等がある場合は、根室振興局商工労働観光課へご相談ください。

カテゴリー

商工労働観光課のカテゴリ

page top