サケの文化 (根室市 別海町 標津町 羅臼町)

back.jpg
 
navi1-grumet.jpg navi2-speciality.jpg navi3-s_place.jpg navi4-s_experience.jpg
navi5-stay.jpg navi6-event.jpg navi7-culture.jpg navi8-outdoor.jpg
 
title-7rekishibunkashiseki.jpg
 
歴史・文化・史跡 - 標津町 
標津町 / ジャンル - 北海道遺産

サケの文化


 
  rbs_4_c-of-sake_1-s.jpg  
  急流を遡上するサケ  
 

北海道にはサケが遡上する川が数多くあり、遡上から産卵、そして親魚の死という生命のドラマがそれぞれの川にある。

 

サケは北海道を代表する食材であり、その歴史は擦文時代にまでさかのぼる。北海道の先住民族であるアイヌ民族はサケ漁を生業とし、母川に回帰する習性を利用した漁法が現代まで受け継がれ、発展してきた。

また、保護活動や人工孵化も早くから盛んに行われおり、自然環境保護におけるひとつの指標となっている。

 

この文化をさらなる次世代へと継承し環境とともに守っていくため、2004年にサケの文化が北海道遺産として選定された。

 
shousai-title.jpg
 
名称 サケの文化
ジャンル 北海道遺産
所在地・住所 根室市/別海町/標津町/羅臼町
ホームページ http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ckk/isan50.htm 

 

bigmap_sh_c-of_sake.gif
 
>> 広域地図を表示(GoogleMap)
 

 
このサイトについて | サイトマップ | ねむろ食と観光情報 トップページ
 

カテゴリー

page top