和田屯田兵村の被服庫 (根室市)

back.jpg
 
navi1-grumet.jpg navi2-speciality.jpg navi3-s_place.jpg navi4-s_experience.jpg
navi5-stay.jpg navi6-event.jpg navi7-culture.jpg navi8-outdoor.jpg
 
title-7rekishibunkashiseki.jpg
 
歴史・文化・史跡 - 根室市 
根室市 / ジャンル - 北海道指定有形文化財

和田屯田兵村の被服庫


 
  rbs_ne_hifukusouko_1-s.jpg  
  和田屯田兵村の被服庫  
 

この建物は、もともと屯田兵第二大隊本部に附属していた建物で、1885年頃に建てられたと推定される。木造切妻屋根の平屋建で、屋根裏は物置に使われていた空間を有する。構造には、バルーン・フレーム形式(アメリカ西部開拓が生んだ構造形式)が採用されている。 
土台から軒桁まで通しで柱を入れ、屋根には狭い間隔で垂木を配置し、三角形の小屋組を作っている。この形式では、梁や柱の数を減らすことができ、広い空間を確保できる。また、規格化された材料と形式のため、熟練度の低い者でも組み立てが可能であることから、開拓期の建物に採用された。屯田関係の建物では唯一現存する被服庫である。

 
shousai-title.jpg
 
名称 和田屯田兵村の被服庫
ジャンル 北海道指定有形文化財
所在地・住所 根室市西和田568番地2
休館日・定休日 月曜日(月曜日が祝祭日の場合は月曜日と火曜日)
祝祭日、年末年始(12月31日 - 1月5日)
入場料金 無料
駐車場 有り 
ホームページ -

 

管理団体・お問合せ先
名称 根室市歴史と自然の資料館
所在地・住所 根室市花咲港209
電話番号 0153-25-3661
nehanto.gif
 
m_027b.gif
>> 広域地図を表示(GoogleMap)
 

 
このサイトについて | サイトマップ | ねむろ食と観光情報 トップページ
 

カテゴリー

page top