北方領土入域問題について

 

 

北方領土入域問題について


北方四島は日本固有の領土です。

本来なら、本州と北海道を行き来するように、日本国民なら誰でも自由に北方四島に行けるはずです。

しかし、北方領土問題が解決していないために、限られた枠組みでしか北方四島へ行くことができません。

もし、ロシアの手続きに従って北方四島を訪問したり、北方四島で、ロシアの法律に基づいて行動したりすれば、「北方四島はロシアの領土である」と認めることにつながってしまうのです。

そのため日本政府は、国民の皆さんに領土問題が解決するまでの間、北方領土を訪れることを自粛するようお願いしています。

※詳しくは下記のホームページをご覧ください。(外部サイトへ移動します)

  北方領土への渡航自粛要請(内閣府ホームページ)

 

北方四島の返還を実現するには、国家間の問題であり、粘り強く外交交渉を行っていくことが重要です。

そして、国民の皆さん一人一人がこの問題を正しく理解し、日本の立場を主張していくこともとても大切なことなのです。

 

現在日本国民が北方領土へ入域するには、次の方法に限られています。

 ・四島交流事業

 ・北方墓参事業

 ・自由訪問事業

※詳しくは下記のホームページをご覧ください。(外部サイトへ移動します)

  四島への訪問等(内閣府ホームページ)

  北方四島への渡航に関する枠組み(外務省ホームページ)

 

カテゴリー

北方領土対策課のカテゴリ

page top