スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  森林組合/根室振興局林務課


最終更新日:2015年9月29日(火)


森林組合/根室振興局林務課


 

根釧台地の格子状防風林

目次

トップページ

森林を育てる
造林事業
地域森林計画
森林経営計画とは
森林保険とは
森林組合

森林をつかう
林産関係

木育の推進 
木育推進について
さくらマップ 

森林をまもる
治山事業
 工事発注情報
保安林制度
林地開発許可
林野火災予消防

アカウンタビリティ
赤レンガチャレンジ事業
各係の業務
統計情報

林務課トップページ>森林組合

森林組合

▼森林組合の役割

 森林組合は、森林所有者が組合員となり、林業経営のため共同事業を行い地域林業の担い手として重要な役割を果たしています。
 根室管内には、別海町、中標津町、標津町森林組合の3組合があり、林業経営を取りまく環境が厳しいなか、各地域の特色を生かしながら、森林造成、素材生産などに取り組んでいます。

組合名

所在地

組合加入森林面積

別海町森林組合

別海町別海新栄町5-2

17,692ha

中標津町森林組合

中標津町丸山2丁目(役場内)

5,094ha

標津町森林組合

標津町北2条西11丁目3(役場内)

8,096ha

                       (平成25年度版 森林組合現況調査一覧より)


▼森林組合の現状

 現在、木材価格の低迷、森林所有者の高齢化、不在村森林所有者の増加、森林造成の減少など、林業全体が厳しい環境の中に置かれています。
 こういった情勢のなか、各森林組合とも経営基盤の強化に努めていますが、これからも地域森林の中核的な担い手としての役割が期待されています。

(担当:林務係)